自分の性質(性格)を受けいれる

私たちの性格や性質は、ある程度生まれ持って決定しています。

生まれ半分、環境半分という感じです。

性格は大きく分けると、内向的な性格と外交的な性格があります。

これは究極的には、どちらが良い、悪いというものではありません。

しかしながら、いまの現実社会では、外交的な性格の人の方が、社会適合性という面では有利なようです。

うちのサロンに来られる方も、どちらかといえば、内向的な性質を持っている方が多いです。

かくいう私も、どちらかといえば内向的な性格です。

その性質が強いおかげで、心理のお仕事などができるのですが・・・。

さて、この生まれ持った性質は、どうあがいても変えることはできません。

内向的な性質の人は、死ぬまでその性質を内側に持ったままです。

(環境からの影響は後天的に変えられます)

内向的な性格が嫌だと嘆き、変えられないものを否定して生きるのは、それはそれでつらいものです。

もし、穏やかな気持ちで生きたいのなら、自分の性質は受け入れていったほうがいいでしょう。

世界一有名なビーグル犬も言ってます。

「配られたカードでプレイするしかないのさ。それがどういう意味であれ」と。

スポンサーリンク
336広告
336広告

フォローする